スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

アタルの主人公はサヴァン症候群

今、話題となっているドラマにアタルがあります。

この主人公はサヴァン症候群なのです。演じるのは約3年ぶりとなるドラマ出演のスマップ、中居正広さんです。中居さんも難役で力を入れているという、アタルですがサヴァン症候群の特徴そのものがあらわれています。

例えばこだわり行動です。ケチャップをチューブで飲まなければならない、カレースープに具が入っていてはダメ、ホットドッグにはレタスが入っているなどです。それから9時になったら洗濯をするなど何時になったら何かをするという自分の中でのスケジュール管理も特徴的な行動です。

そして何より類稀なる記憶力がサヴァン症候群を物語っています。アタルでは主人公が発するキーワードによってヒロインである女刑事役の栗山千明さんが事件を推理し、解明していくというストーリー展開になっています。

アタルは警察が持ってきた写真や事件現場にあるほんの些細な痕跡から推理し、事件解決に導くキーワードを発しているのです。
これはアタルの頭の中にある莫大な数の情報と事件の痕跡とを照らし合わせることによって
瞬時に頭の中で推理していることになります。

サヴァン症候群の方は一度見たものは二度と忘れないという能力を持っているので、いわばコンピューターのようなものなのです。

サヴァン症候群のような発達障害について今まで全く知らなかった方もこのドラマを見て少しでも興味を持ってくれることが重要だといえます。そうすれば障害に対しての意識が高まり、生きやすい世の中になっていくのです。

スポンサードリンク

消費者金融の返済にお困りなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。